データセンターのセキュリティの重要性

 現代社会における企業活動はデータセンター無しでは出来無い程、データセンターの重要性は増しています。謂わば、データセンターは企業の生命線と言っても過言では無く、顧客の個人データなどがたくさん入っているので、データセンターのセキュリティはとても重要です。もし、外部から何らかの不正アクセスがあった場合、企業や企業の顧客にとって損害を免れることが出来無いので、企業はデータセンターのセキュリティ対策を行う必要があります。 物理的なセキュリティ対策としては「共連れ防止装置」の設置があります。これはIDカードを持った者と一緒にIDカードを持っていない者を同時に施設に入れるのを防ぐための手段であり、物理的な外部の不正を未然に防ぐことが可能となります。

img

次にワームやウィルス対策はセキュリティソフトの導入の他に、システムの仮想化の導入やセキュリティホールの修正などを行います。データセンターからデータが流出するのはセキュリティホールを突いたクラッキング、企業のクライアントマシンからのネット接続によるウィルス・ワーム感染、企業のクライアントマシンからUSBメモリへデータ保存をして社外に持ちだして紛失したことによる流出といった事例で起こることが多いので、サーバやクライアントマシンにソフトウェア的に外部からの攻撃・侵入を防ぐ手段を講じます。 データセンターのセキュリティ対策を行うということは企業と企業活動及び顧客を守ることであるのです。

» データセンターに関する質問はこちら